失業保険とハローワークでの手続きを簡単に分かりやすくまとめてみた

 

会社を退職したら、お世話?になる「失業保険」。

でも、初めて退職する方だときっと、「失業保険ってよく分からないし、何をどうすれば良いの?」って方も多いのではないでしょうか?

そのような方のために、こちらでは、失業保険とハローワークでの手続きについて簡単に分かりやすくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてください。

 

失業保険ってそもそも何?

失業手当とか失業保険とか言われますが、ここで言う失業保険は「雇用保険の基本手当て」のことを指します。

ハローワークのホームページで、

定年、倒産、契約期間の満了等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるもの

と書かれている通り、失業保険とは、

失業中で、再就職活動をしている人の生活を支援するために支給されるお金

のことをさします。

 

失業保険は、誰がもらえるの?

失業保険がもらえる人は、

  1. 失業中で就職活動している人
  2. 雇用保険に入っていた人

です。

 

ここで大切なのは、失業保険をもらえるのは、

働ける人で、現在失業中で、就職活動を行っている働くことができる人

ということ。

働く気のない人や就職活動をしない人は失業保険はもらえない、ということなんです。

それと、ケガや病気などで働けないという人も、失業保険はもらえないんですよね。

 

また、2の「雇用保険に入っていた人」というのは、雇用保険に加入していた期間が条件で、具体的には、

退職した日からさかのぼって2年間の間に、雇用保険に入っていた期間が12ヶ月以上

というのがあります。

ちなみに、月数とは、働いた日数が1ヶ月あたりで11日以上ある月の合計が12以上ということです。

 

失業保険は、どうしたらもらえるの?

「失業中で就職活動している人(する予定も含む)」で「雇用保険に12ヶ月以上、入っていた人」であれば、失業保険がもらえます。

もちろん、何もしなくてももらえる、というものではなく、ハローワークに出向いていくつかの手続きを行う必要があります。

 

準備する書類

失業保険をもらう手続きを行うためには、事前に準備する書類等があります。

具体的には、こちら。

  1. 離職票-1・離職票-2
  2. 雇用保険被保険者証
  3. 身元証明書(運転免許証やパスポートなど)
  4. 印鑑
  5. 証明写真2枚(直近3ヶ月以内・たて3cm×よこ2.5cm程度)
  6. 本人名義の預金通帳

 

1の「離職票-1・離職票-2」は、退職後に勤めていた会社から送られてくるもの。

退職した日から1~2週間程度で届くものですが、3月末の退職など退職者が多い時期だと、1ヶ月くらい時間がかかることもあるんです。

というのも、この離職票、実は会社が作成したものを一度、ハローワークに提出して、そこでチェックを受けたものを退職者に送付するという手続きがなされています。

なので、退職者が多い時期だと、ハローワークの事務処理がてんてこ舞いになっていて、通常よりも余計に時間がかかるんですね。

 

2の「雇用保険被保険者証」も、通常は会社が保管しているもので、退職後、会社から送られてきます。

 

3~6は、退職した本人の手元にあるものか、本人自身が準備するものとなります。

 

このように、会社から送られてくる「離職票-1・離職票-2」と「雇用保険被保険者証」がないと失業保険の手続きはできませんので、実際にハローワークに行くのは、

退職してから2週間以上後

となります。

そう考えると、わりとのんびり構えていてもOKと言えますね。

 

ハローワークでの初回手続き

会社から「離職票-1・離職票-2」と「雇用保険被保険者証」が届いたら、書類等を一色持ってお住まいの地域を管轄しているハローワークへ出向きます。

平日は朝8時30分から5時まで受け付けていますが、朝早くと夕方は混みあっていることが多いので、中途半端な時間に行くと良いですよ。

 

ハローワークの初回の手続きは、

  • 求職登録
  • 必要書類の提出

を行うこと。

求職登録とは、ご自身の就業状況等を書くもので、簡単なアンケートに応える程度です。

 

続いて係りの人から「受給資格者のしおり」という冊子を受け取り、「職業講習会」「雇用保険説明会」の日時の指定を受けます。

私は職業講習会のほうが先の日程でしたが、ハローワークによっては、職業講習会と雇用保険説明会の順番が逆の場合もあるようです。

 

初回訪問の時間は全部で30分もかからない程度の簡単なものでした。

 

職業講習会

職業講習会では、基本的な求職活動の進め方が説明されます。

90分程度の説明会で、内容は「とにかく早く就職しなさい」というもの。あまり大した内容ではありませんでした。

とは言え、ハローワークから参加が義務付けられていますので、行かないわけにはいきませんし、私が行っていたハローワークでは、失業保険をもらうのにとても大切な「失業認定申告書」(ハローワーク訪問の際に自身が行った就職活動を書くもの)が手渡されたので、やはり、参加しなければなりません。

 

雇用保険説明会

「雇用保険説明会」は、初回訪問日から1~3週間後に、2時間程度行われます。

もちろん、出席は義務付けられていて、ここでは、失業保険をもらうための大切な話がなされます。

基本的には、「受給資格者のしおり」に書かれていることの説明なのですが、

  • ハローワークに行けないときはどうすれば良いのか
  • これをやると失業保険がもらえなくなる

は、冊子に書かれていない話もありますので、マジメに聞いたほうが良いですよ。

 

失業保険の認定

「雇用保険説明会」以降、4週ごとに「失業保険の認定」を受けるために、ハローワークに行くことになります。

この4週ごとの訪問日は、決まった曜日の決まった時間であり、ずっと先までしっかりと指定されています。

 

「失業保険の認定」とは、

ちゃんと就職活動をしたことを申告し、それを認めてもらう

ことですが、あわせて、現在も失業状態であることと、アルバイトなど期間中(前回の訪問日から当日までの間)に働いたどうかを申告することも含まれています。

 

認定の条件は、就職活動は2回以上、アルバイトは1日4時間以下(それ以上は就業扱い)となります。

*就職活動は、ハローワークによって認定条件が異なったりするそうですが、基本的には説明会で詳しく話がありますの、それをしっかりと聞いておいて下さいね。

 

なお、失業保険の認定は、ハローワークの職員に、自身の状況をイチイチ説明するのではなく、職業講習会でもらった「失業認定申告書」に記入し、ハンコを押したものを提出すると、チェックされて戻されるというものですので、やることをちゃんとやっていれば、全く問題ありません。

 

また、失業保険の認定日は、指定された日時に行くことが決められています。

が、時間は指定日内であれば、異なる時間でも問題ないようです。

病気や採用面接などで指定日に行けないときは、電話で連絡をした上で、後日、それを証明する書類を提出しなければなりません。

これを出さないでいると、失業保険金の支給は次の認定日分とあわせて28日後になります。

結構、シビアですね。

もちろん、遊びに行っていた、とか、忘れていた、というのはNGですよ。

 

失業保険の支給額

失業保険でもらえる額は、まずは退職理由と年齢、退職前6ヶ月間の給与によって決まってきます。

 

退職理由

退職理由には、

  • 自分から会社を辞める「自己都合退職」
  • 倒産・解雇・リストラなどの「会社都合退職」

の2つがあり、「会社都合退職」は、特定受給資格者と呼ばれる受給者になります。

特定受給資格者は、言ってみれば「辞めたくないのに急に無理やり辞めさせられた」人となりますので、自己都合退職の人よりも手厚い対応がなされます。

 

自己都合退職か会社都合退職かは、退職後に会社から送られてくる「離職票2」に記載されています。

上のほうで書いているとおり、「離職票」が退職者の手元に届く前に、会社とハローワークが「自己都合か会社都合か」を事前に調整しているのです。

 

失業保険でもらえる金額

失業保険でもらえる1日当たりの金額(基本手当日額)は、

  • 退職前の給料6か月の合計を180で割り、その50~80%程度

です。

たくさん給料をもらっていた人は、低い率となります。

 

さらに、年齢ごとに上限額が決められています。

30歳未満 6,750円
30歳以上45歳未満 7,495円
45歳以上60歳未満 8,250円
60歳以上65歳未満 7,083円

*平成30年8月に決められた額。毎年見直しがあります。

 

高い給料をもらっていた人でも最高で8,250円、月額に直すと25万円程度ですね。

ちなみに支給は失業認定日単位となりますので、28日分が銀行口座に振り込まれます。

 

失業保険がもらえる日数

失業保険がもらえる日数は退職理由によって異なります。

まず、自己都合退職で会社を辞めた人は、最大で下の表の日数となります。

 

会社都合退職の人(特定受給資格者)は、下の表です。

 

このように自己都合退職と会社都合退職とでは、失業保険がもらえる日数が全然ちがいます。

それと、自己都合退職の場合、はじめの3カ月間は失業手当は振り込まれません。

にもかかわらず、その間はちゃんと求職活動をして、ハローワークの認定を受けなければならないのです。

 

自己都合退職と会社都合退職で日数や支払い開始日に大きな差がありますが、そもそも失業保険は会社を辞めさせられた人(=会社都合退職者)のための制度だったので、手厚い対応となっているのです。

逆に、自己都合退職は制度の対象ではなく、自分の意志で辞めてるのだから・・・ということで、厳しめの設定になっているようですね。

 

おわりに

以上、失業保険とハローワークでの手続きについて簡単に分かりやすくまとめてみました。

失業保険を初めてもらうときは、何をどうすればいいのか良く分からないものですが、こちらでご紹介したとおり、手続きそのものは、結構、シンプルなものです。

 

ただ、失業保険の受給開始まで3回ほどハローワークに行かなければならないのと、受給が始まっても4週間に一度、決められた日に行かなければならないのが、億劫に感じられるかもしれませんね。

(私は、半ば気晴らしみたいな気持ちで行ってましたけど)