超大変!失業保険の不正受給がバレたらどうなるのか?

失業保険をもらっている間は、働いてもOKです。

でも、働いたことをちゃんと申告せずに隠していると、失業保険の不正受給となります。

不正受給は、とってもとっても重いもの。バレたら超大変なことになってしまうんです。

失業保険の不正受給は犯罪

失業保険の不正受給とは、

  • 失業保険をもらっているときに働いたけれど申告しなかった
  • 就職が決まったのに申告しなかった

などといったこと。

悪質なケースとして、失業者を装って失業保険を受給する人もいるんだとか。

 

そして、悪質うんぬんは別にしても、失業保険の不正は受給は犯罪となります。

絶対にやってはいけないことなんですね。

 

失業保険不正受給の罰則

失業保険の不正受給を行っているのがバレたら、以下の3つの罰則が待っています。

 

支給停止

不正を行った日以降、失業保険の支給が止められる

返還命令

不正に受給した金額は、全額返還するよう命じられる

納付命令

不正に受給した失業保険の金額の2倍の額の納付を命じられる

 

失業保険の不正受給がバレたら、失業保険をもらえなくなるだけでなく、不正に受給した額の3倍の金額を返さなくてはなりません。

 

「そんなお金なんかないよ!」と言って返さなかったら、延滞金(利息のようなもの)がドンドン追加されていって、場合によっては、持っている財産が差し押さえられることもあるんです。

そして、悪質な場合は、詐欺罪として告発されることも。

 

こう見るだけでも、不正受給ってヤバイですよね。

こんなに厳しい罰則がある不正受給、絶対にやめましょうね。

 

よくある手続きミス

自分が意図的に不正受給するのは、絶対にダメ。

だけど、自分では不正受給をするつもりはなくても、勘違いや手続き上のミスで、結果的に不正受給になってしまうケースもあります。

 

具体的には

  • 失業認定申告書を書き間違えた(特に働いた日を書き漏らした)
  • 労災保険の休業補償給付や、健康保険の傷病手当を受給しているのに、届け出なかった
  • 自営業を始めたが届け出ていない
  • 就職が決まったのに届け出ない

などのケースです。

 

もし自分が当てはまるようだったら、すぐにハローワークに相談しましょう。

勘違いや手続き上のミスだったら、訂正をすると給付金の返納だけで済むこともあります。

だけど、「もしかしたら引っかかってるかも」と思いつつ、ほったらかしにしていたら、不正受給になってしまいます。

すると、とんでもない罰則が待っているのです・・・。

 

おわりに

ハローワークで行われる失業保険の説明会では、職員はしつこいくらいに

「不正受給は絶対にダメ」

と注意します。

そして、

「不正受給は絶対にバレる」

とも繰り返していました。

それくらい不正受給は、ハローワークとして強く注意していることなんです。

 

不正受給は、後々の事を考えると、絶対に割が合いません

本当に気をつけましょうね。