失業保険ってぶっちゃけいくらもらえるの?失業保険受給額の計算方法とは?

失業したら失業保険がもらえるのは知っていても、自分は一体いくらもらえるのか知らないって人は多いのでは?

こちらでは、失業保険がいくらもらえるのかを見ていきます。

 

基本手当日額とは

失業保険でもらえる1日当たりの金額は「基本手当日額」と呼ばれるもの。

 

この「基本手当日額」は計算方法がしっかりとあって、会社を退職した直前の6ヶ月の賃金の合計を180で割ったもの(賃金日額)の5~8割となっています。

さらに、「賃金日額」には上限・下限があり、「基本手当日額」にも上限・下限がありますので、ササッと数字が出せないんですよね。

あと、ベースは毎月の給料なので、残業代やいくつかの勤務手当は含まれるのですが、ボーナスはカウントされないのです。

 

基本手当日額の計算

では、基本手当日額(=失業保険の1日あたりの支給額)を見ていきましょう。

まずは、元となる賃金日額をチェックします。

賃金日額

すでに退職された方で「離職票-2」をお持ちの方は、「賃金額の計」をチェックしてみてください。

ここに書かれている数字を上から6ヶ月分を合計し、180で割った額が賃金日額になります。

まだ退職されていない方は、給与明細などで6ヶ月分の総支給額を計算してみると良いでしょう。

 

「基本手当日額」と「賃金日額」の上限は下のとおりで、年齢によって決められています。

 

平成30年度の上限額

離職時の年齢 賃金日額の上限額 基本手当日額の上限額
29歳以下 13,500円 6,750円
30歳~44歳まで 14,990円 7,495円
45歳~59歳まで 16,500円 8,250円
60歳~64歳まで 15,740円 7,083円

(平成31年7月31日までの金額です。)

平成30年度の下限額

離職時の年齢 賃金日額の上限額 基本手当日額の下限額
全年齢 2,480円 1,984円

(平成31年7月31日までの金額です。)

 

毎月の給料や残業代などが30万円の人は、6ヶ月分合計で180万円ですので、これを180で割ると10,000円が「賃金日額」になります。

 

一方、毎月の給料などが50万円の人は1日あたり16,666円となります。

これだと「賃金日額」の上限値を超えているため、年齢ごとの上限額が適用されます。

45~59歳の方だと16,500円ですね。

 

基本手当日額

59歳までの方の基本手当日額の計算式は以下のとおりです。

 

=0.8×賃金日額-0.3{(賃金日額-4,970)/7,240}×賃金日額

 

う~ん、ぱっと見、分かりにくいですよね。

つーか、なんでこんなややこしい計算式になっているのか、よくわかりませんが・・・。

 

これで計算すると正確な基本手当日額がわかります。

計算が面倒だという方は、厚労省のホームページの表をみると、大体の額がわかりますので、そちらをご参照ください。( ⇒  厚労省

 

基本手当日額は、平均給与額の変動に応じて毎年8月1日以降変更されることがあります。

ここで記載している数値は、平成30年8月1日から適用されているものです。

正しくは厚労省のHPなどでチェックしてくださいね。

 

こちらもチェック!