公的年金って何?誰でも分かるように超簡単に書いてみた

年金って何?

こう聞かれたら、パッと答えられますか?

 

恥ずかしながら私は、「う~ん、年金って何だったっけ?」といった感じで、結構、あやふやだったんですが、この記事をお読みのあなたも、もしかしたらそうかもですね。

そこで、こちらでは、公的年金って何?誰でも分かるように超簡単に書いてみました。

(なお、分かりやすさを優先しているので、厳密さは欠けています・笑)

 

そもそも年金とは

そもそも年金とは、超簡単に書くと

今貯めておいて、将来もらえるお金

のことで、言ってみれば貯金みたいなものですね。

ただし、年金は「保険」なので、厳密に言えば貯金とは違うんですけど、まあ、同じようなものだと思っていて大丈夫です。

 

年金は大きくわけて3つ

年金って何か、パッとわからない理由の1つは、年金にも種類があるから、ではないでしょうか?

 

年金は大きくわけると

  1. 本人または本人と企業がお金を出す「公的年金
  2. 会社が社員のためにお金を出してくれる「企業年金
  3. 銀行や生命保険会社などで個人がお金を出す「個人年金

の3つがあります。

 

公的年金

公的年金とは、国が主導している年金で、我々が歳をとって働けなくなったときの生活を支えるためのもの。

20歳から60歳までの人は全員加入して、保険料を支払わなければならないというキマリがあるんです。

 

公的年金の種類

公的年金には、加入する人によって

  • 国民年金:日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
  • 厚生年金:厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人
  • 共済年金:公務員・私立学校教職員

があります。

(厚生年金と共済年金はほぼ同じで、民間か公務員かが違いといったところです)

 

公的年金の区分

公的年金には、

  • 第1号被保険者:農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人など。
  • 第2号被保険者:厚生年金保険の加入者
  • 第3号被保険者:厚生年金保険の加入者の配偶者で年間収入が130万円以下の人(130万円以上の人は、第1号か第2号となります)

の区分があります。

 

この関係を示したのが下の図。

日本年金機構のHPより

 

基礎年金である「国民年金」は、年金加入者全員に共通するところで、俗に言う「1階部分」。

 

自営業などを行っている人は「第1号被保険者」であり、基礎年金分の保険料を自分で払います。

 

会社員や公務員は「第2号被保険者」で、基礎年金に上乗せ部分(俗にいう2階部分)として厚生年金と共済年金があり、保険料は原則、会社と折半です。

 

そして、厚生年金や共済年金に入っている人の配偶者は「第3号被保険者」で、入っているのは国民年金(基礎年金部分)だけですが、保険料は納付しなくてもOK。

 

難しい単語がたくさん出てくるので分かりにくいですが、簡単に書き直すと、

  • 自営業の人は、年金の支払いは全部自分で行って、もらえる額は少ない
  • 会社員の人は、支払いの半分は会社を行ってくれて、もらえる額は多い
  • 会社員の奥さん(旦那さん)は、年金を支払わなくても自営業の人と同じ額がもらえる

ということになりますね。

 

会社員が得なのか、自営業が損なのか・・・、とにかく会社勤めをしている人が有利なのは間違いありません。

 

その他の年金

企業年金

確定拠出年金とか、確定給付年金とか、会社員の方は、何やらよく分からないけど、聞いたことはあるよ、という人も多いのでは?

これらは、会社が社員のために加入している(お金を出している)年金のことで、厚生年金と同じように、主に60歳以降の生活資金となるもの。

年金となっていますけど、まあ「後払いの退職金」みたいなものです。

(会社によっては、取り扱っていない場合もたくさんあります)

 

個人年金

個人年金は、厚生年金や会社からの年金だけだと、老後のお金に不安が残る方が個人的に加入する年金のこと。

銀行や保険会社が扱っている「金融商品」です。

金融商品だけに、たくさんの種類がありますし、生命保険とパッケージになってたりするものですから、ややこしいんですけどね。

個人が自分の意志で加入するものですね。

 

会社を退職したら?

会社を退職したら、言わずもがなですが会社員ではなくなります。

なので、公的年金では、第2号被保険者(厚生年金加入者)から外れてしまいうのです。

 

20歳から60歳までの人は国民年金に全員加入して、保険料を支払わなければならないというキマリがあるので、退職した年齢が60歳未満だったら原則、第1号被保険者(国民年金加入者)にならないとダメなんです。

 

そのためには、退職した本人が厚生年金から国民年金に、切り替え手続きを行わなければなりませんが、これがなかなか面倒くさい!わけです。

そして、この手続きで、知ってるか知らないか、やったかやらないかで得をすることがたくさんあるんですね。

知っておくべきこと、やるべきことなど、実際に私(=管理人)が行ったことは、順次、こちらのブログでご紹介していきますね。