絶対に知っておくべき採用面接で好感を勝ち取る服装・態度・表情

スポンサーリンク

 

転職活動で、書類選考が通過していよいよ採用面接。

面接の場ではしっかりと受け答えをして、内定を取りたいものですが、実は受け答えと同様、もしかしたらそれ以上に大切なことがあります。

それは、企業の採用担当者から「好感を勝ち取る」ことであり、その大きな要素があなたの

  • 服装
  • 態度
  • 表情

となります。

 

どのような「服装・態度・表情」だと好感を勝ち取ることができるのか、さっそく見ていきましょう!

 

好感を勝ち取る採用面接での服装

 

採用面接で好感を勝ち取る服装は、基本的には地味でオーソドックスなものにしましょう。

 

男女問わず紺か黒のスーツに白いシャツ。

男性のネクタイは、落ち着いた印象を与える紺系のストライプが良いでしょう。

夏場のクールビズ実施期間中でも、上着にネクタイは必須だと考えておいて下さい。

面接は転職先の業界にふさわしい服装で臨むべきと言われますが、無理に「崩す」くらいなら、オーソドックスにまとめておくのが絶対に無難です。

 

業界にふさわしい服装って何?

業界にふさわしい服装といっても、それは第三者が勝手にイメージしているだけのことで、個々の会社によって全く違いますからね。

特に、ラフすぎる服装はやめましょう。

ある人から聞いた話ですが、IT系のゲーム業界の面接だからラフなスタイルでよいだろうと、柄シャツにジーンズ、スニーカーで行ったところ、面接者は全員、スーツにネクタイというスタイルで、とてもバツの悪い思いをしたとか。

(この人は面接で不採用となりました。服装だけの問題ではなかったかもしれませんが・・・、おそらく「常識のない人」と判断されたのでしょう)

 

事前の社員の服装チェックなんか無意味

また、 「服装が心配だったら、その会社に下見に行けばよい」とのアドバイスもありますが、 これは大間違い

ラフなスタイルで勤務OKとしている会社でも、人事や総務の人はスーツを着るなど、比較的地味な服装で出勤している人が多いですし、 普段はラフな格好をしている人でも、採用面接の際は、「応募者への礼儀」としてしっかりとスーツを着てくる人もいますので。

 

会社の雰囲気を知るために下見に行くのは良いことですが、そのときに見た社員から面接での服装を決めると、失敗するかもしれません。

採用面接という大切な場面で、相手に対して「失礼でない」ためには、やはり、地味なスーツにネクタイが無難です。

仮に「服装が堅苦しすぎた」としても、それで不採用になることはありませんからね。

 

身なりのポイントは「気を使っているかどうか」

服装と同様に「身なり」も相手に対して失礼でないことが前提となります。

ここで意識しておきたいのは、身なりにちゃんと「気をつかっているかどうか」です。

 

男性の不精ヒゲは絶対NG、また、会社によってはヒゲ自体がNGのところもあります。

転職活動している人は、よほどでない限りヒゲは剃っておいた方が無難です。

それと、男性の茶髪やピアスを極端に嫌う会社も多いので、気をつけてください。

(と言っても、すでにピアスを開けてしまっていたら、どうしようもありませんが・・・)

 

女性は化粧と装飾品。

いずれも派手にならないことがポイントです。

 

髪型はスッキリと整え、男性はアップ気味、女性は後ろに流すかして、表情がハッキリと見えるようにしておきましょう。

整った髪は、清潔感と真面目さ、そして、明るさを印象つけてくれますよ。

 

好感を勝ち取る態度・表情

態度と表情は、言葉以上に強い印象を与えます。

  •  きちんとあいさつする
  •  面接者の目を見る
  •  浅めに腰掛ける
  •  背筋は伸ばす
  •  手は適度に動かす

 

面接中は、できるだけ微笑みを絶やさないことが大切です。

質問に対して考え込むときや、イヤな質問をされたとき、眉間にシワを寄せたり目つきが悪くならないよう気をつけましょう。

 

採用面接は、転職者にとってまさに勝負のとき。

相手に対して「失礼でない」ことをベースに、後はあなたの魅力を出せるだけ出して、面接担当者に好印象を持ってもらいましょう!