健康保険は被扶養者になるのが一番お得。だけど失業者のハードルは高い?

「社会保険としての健康保険(会社ではいる健康保険)」の保険料は、加入している人の所得によって決まり、被扶養者が何人いても変わりません。

なので、あなたが会社を退職したときに、家族(配偶者・親・子など)が会社勤めをしていて健康保険に入っていたら、ラッキー!

その被扶養者になれれば、あなたの健康保険料は「0円」になりますからね。

 

だけど・・・、誰でも健康保険の被扶養者になれるものではないのです。

 

被扶養者になれる条件

「社会保険としての健康保険」の被扶養者となるには、いくつかの条件があります。

 

被扶養者になれる範囲

まず、被扶養者になれる範囲ですが、以下のような決まりがあります。

  • 被保険者の直系親族、配偶者(事実婚を含む)、子、孫、弟妹で、主として被保険者に生計を維持されている人。
  • 被保険者と同一の世帯で主として被保険者の収入により生計を維持されている被保険者の3親等以内の親族または事実上婚にある人の父母および子

簡単に書くと、「加入者の家族で、養ってもらっている人」となりますね。

 

被扶養者となれる収入の制限

加入条件の「養ってもらっている人」とは、具体的には同居か別居かとその人の収入で決まります。

被保険者と同居している場合

年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)であり、被保険者の年収より低い。

 

被保険者と同居していない場合

年収が130万未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)であり、被保険者からの援助額より低い。

 

失業保険にご注意

もし、あなたが50代で退職して無職(=年収が130万円以下)になるのでしたら、一緒に暮らしている配偶者かお子さんで会社勤めの人がいれば、ほぼ被扶養者になれるといえます。

 

しかし、退職直後で失業保険をもらっている人は要注意です。

 

失業保険は「所得」とはみなされないので税金は支払わなくてもよいのですが、社会保険においては「収入」とされます。

そして、良く耳にする「130万円の壁」があるのですね。

 

収入が130万円を超えると、健康保険や年金で第3号になれないという例のヤツで、これが失業保険にひっかかってくるわけです。

 

基本手当日額が約3,600円以上あると、見込み年収が130万円を超えますので、被扶養者にはなれません。

また、年の途中で退職した人は、それまでもらっていた給料も加算されるので、なおさらなんです。

 

ということで、失業保険の給付が終わるまでは、任意継続とするか、国民健康保険に入るしかないのです・・・。

なかなか、うまくいかないですね。

 

被扶養者になる手続き

このように被扶養者になるのはハードルが高いのですが、条件を満たしていると、手続きはとても簡単です。

健康保険に入っている家族の勤務先に申し出て、必要な書類を書くだけでOKです。

失業保険をもらっている間は入れませんが、それが終わったら健康保険で被扶養者になるのが一番お得です。