任意継続と国民健康保険、保険料が一番お得な入り方とは?

 

会社を退職したら健康保険は、家族の被扶養者になるか、「任意継続」するか、「国民健康保険」に入るか、いずれかを選ぶこととなります。

被扶養者になれるのだったら保険料は「タダ」ですが、「任意継続」か「国民健康保険」だとお金はかかります。

 

どちらに入ったとしても、保険の内容は同じようなものだったら、もちろん、保険料が安いほうが良いですよね。

では、「任意継続」と「国民健康保険」、どちらに入るのがお得でしょうか?

 

任意継続は保険料負担が2倍

「任意継続」とは、それまで勤めていた会社の健康保険に継続して入れる制度。

ですが、会社と折半だった保険料を会社が負担してくれなくなるので、「任意継続」に切り替えたとたん、支払う保険料はほぼ2倍!に跳ね上がります。

 

ほとんどの人は、退職後は「無職」状態で、失業保険をもらう生活になると思いますが、そのときに支払う健康保険料の負担感は、すごく大きいのですよね。

必ず知っておきたい健康保険の任意継続に潜む落とし穴
会社を退職したら、それまで通り「社会保険としての健康保険」の加入者ではいられなくなります。 なので、 国民健康保険に入る 会社の健康保険を任意継続する 健康保険の被扶養者になる の3つのうち、いずれかを選ぶこと...

 

国民健康保険は家族数で変わる

国民健康保険は、市区町村役場が管轄・運営しているもの。

そして大きな特徴は、国民健康保険には扶養という考え方がなく、1つの世帯で加入する人数によって金額が変わってくるのです。

(会社勤めのときに入っていた「社会保険としての健康保険」は、所得によって保険料が決められていて、扶養者の人数は関係ありませんでした)

 

なので、扶養家族(配偶者や子供、親など)の数が多いほど、国民健康保険で支払う保険料は高くなるのです。

 

<国民健康保険の一般的な計算方法>

  • 所得に応じて算出される「所得割総額」
  • 固定資産に応じて算出される「資産割総額」
  • 世帯内の被保険者一人につき一定額を賦課する「被保険者均等割総額」
  • 世帯に対して一定額を賦課する「世帯別平等割総額」

*会社で入る健康保険は、加入者の給料で保険料がきまり、何人、扶養家族がいても金額は変わりません。これは任意継続となっても同じです。

国民健康保険に加入しなかったらどうなるのか役所に聞いてみた
会社を退職したら、それまで会社で加入していた「社会保険としての健康保険」加入者ではなくなります。 「じゃあ、どうすんの?」ですが、 国民健康保険に入る 会社の健康保険を任意継続する 健康保険の被扶養者...

 

任意継続と国民健康保険どっちが得か?

任意継続になったら保険料は2倍になるので、とても高く感じられます。

一方、国民健康保険に入ると、家族それぞれの分を支払うことになるので、場合によっては任意継続より、もっと高くなることもあるんですね。

なので、任意継続に入るのか国民健康保険に入るのか、どっちが得かは、人それぞれとしか言いようがないのです・・・。

 

任意継続にする場合の保険料は、これまで支払っていた額を2倍すればすぐにわかります。

一方、国民健康保険は多くの自治体のホームページでは、保険料がいくらになるのか、シミュレーションできるようになっています。

これらを比べて、どちらがお得かをチェックすると良いですよね。

 

一番お得な健康保険の入り方

なお、私(=管理人)の感覚だと、国民健康保険に入るほうが高くなるケースが多い気がします。

実際、シミュレーションしてみたら、国民健康保険のほうが、任意継続の1.5倍以上の金額になることが分かり、本当に驚きました(ちなみに、4人家族です)。

 

なので、退職したら、まずは任意継続にして、2年目から国民健康保険に切り替えるのが、一番お得な気がしています。

 

ただ、全ての人に当てはまるわけではないので、国民健康保険と任意継続のどちらかにするかは、役所に正確な金額を問い合わせた上で決めることをおすすめします。