必ず知っておきたい健康保険の任意継続に潜む落とし穴

 

会社を退職したら、それまで通り「社会保険としての健康保険」の加入者ではいられなくなります。

なので、

  • 国民健康保険に入る
  • 会社の健康保険を任意継続する
  • 健康保険の被扶養者になる

の3つのうち、いずれかを選ぶことになるんですが、「会社の健康保険の任意継続」って何か分かりにくいですよね。

「健康保険の任意継続」とは、それまで勤務していた会社で入っていた健康保険に、退職した後も継続して加入できるという制度です。

もちろん、強制されるものではないので「任意=本人の自由意志」となっています。

 

役所に行って国民健康保険に入るのって、何か面倒だな・・・。

そう考える人にとって、かなり楽チンな「健康保険の任意継続」。

ですが、必ず知っておきたい「落とし穴」があるんですよ。

 

健康保険で任意継続する条件

健康保険の任意継続を希望する人は原則、加入OKとなります。

が、一応、加入する条件等があります。

条件

  • 継続2ヶ月以上の被保険者期間がある

手続き期限

  • 退職した日から20日以内

手続き場所

  • 協会けんぽの都道府県支部や各社会保険組合の窓口(郵送も可)

必要書類

  • 健康保険任意継続被保険者資格取得申出書

 ※被扶養者がいる場合は、健康保険被扶養者届欄にも記入が必要

加入期間

  • 最大2年間

 

このように健康保険に任意継続する条件等は、ほとんどあってないような軽いものです。

まあ、あえて書くと、加入期間の上限が最大で2年間というのがありますが、これも後で記すように、あんまり大した問題ではありません。

 

任意継続の落とし穴

お手軽に健康保険に入れる「任意継続」ですが、実は落とし穴がひとつあります。

それは、健康保険の保険料は、退職したときに払っていた保険料の約2倍になるということ。

 

保険料自体は、ある期間の給料をもとに「標準報酬月額」というのが決められて、それに基づいていくら支払うかが決まるもの。

家族構成(被扶養者の数)は関係なく、本人の給料で決まっていきます。

 

そして、その保険料は、本人と会社が半分ずつ出し合うことになっています。

つまり、会社員時代は、本来払うべき保険料の半分を会社が負担してくれていたのですね。

が、退職したら、当然、社員ではなくなりますので、会社が保険料の半額を負担してくれなくなります。

 

と言うことは、会社を退職して健康保険の任意継続になったら、支払う保険料は、一気に今までの2倍に跳ね上がってしまうのです。

これが、任意継続の落とし穴です。

 

人にもよりますが、健康保険の保険料って、けっこうな金額になってますよね。

1年間で健康保険組合に支払ったお金と、私や家族が病院に行った際に健康保険組合で負担してもらった額とを比べてみたらことがあります。

すると・・・、健康保険組合に支払ったお金のほうが、圧倒的に高額だったんですね。

保険料負けしている状態だったんです。

 

給料から天引きされていても、高いなぁと思っていた保険料。

同じ健康保険を続けるのに、保険料は一気に2倍になって、しかも自分のフトコロから出すというのは、なかなかイヤなものと感じるのは私だけ?でしょうか。

 

任意継続は2年目から安くなる

任期継続だと、これまで支払ってきた健康保険料の2倍の額を納めなければなりません。

このような落とし穴がある任意継続ですが、しかし、家族構成によっては、市町村の国民健康保険に入るほうが、もっと高くつくケースもあるので、お得になることは十分あります。

 

それと、任意継続にしたら、2年目の保険料が安くなるのです。

というのも、保険料の元になる「標準報酬月額」は毎年見直されるため、失業保険をもらいつつ再就職をしなかった場合は、「標準報酬月額」は大きく下りますので、保険料も下るから、なのです。

 

なので、任意継続とするか、国民健康保険に入るかは、金額を計算してから決めるようにしましょう。

任意継続となるには手続きを20日以内に行うという締め切りがありますので、とりあえず申し込みだけを行っておくというのもおすすめですよ。