健康保険とは

どなたでも、一度はお世話になった「健康保険」。

ご存知のとおり、病院で診察を受けたときの診察料は、自分で負担する額は3割で、健康保険で残りの7割を負担してもらっています。

 

病気やケガなどの医療費を負担してもらえる健康保険は、それ以外にも出産や死亡したときにお金がもらえるもの。

 

割となじみのある健康保険ですが、実は2通りのパターンがあるんです。

 

健康保険の2パターン

会社にいる間は、健康保険組合か健康保険協会といった名称の健康保険に加入しています。

これって、「社会保険」と呼ばれるもので勤めている人やその家族が加入するものなんです。

 

もうひとつ、国民健康保険というものもあります。

国民健康保険は、個人事業主や無職の人などがはいるもので、市区町村が運営しています。

 

このように「健康保険」と言っても、

  • 会社勤めの人が入るもの
  • 個人で入るもの

の2パターンがあるんです。

 

さて、その違いとは?

保険の保障内容はほとんど変わりませんが、大きく違うのは、社会保険としての健康保険に入っている人は、毎月の保険料は本人と会社が折半して支払っていますが、個人で加入している国民健康保険では、保険料は全額、本人が支払うというところにあります。

ここでも、会社勤めって優遇されているんだと言うことが分かりますよね。

(というか、国が会社に負担を求めすぎている気もしますけど)

 

会社を退職したら健康保険

会社を退職したら、原則、「社会保険としての健康保険」から「国民健康保険」に切り替えることなります。

この時点で会社員ではないので、「社会保険としての健康保険」に入る資格がなくなっていますので。

 

でも、この方法以外に、2つの選択肢があります。

それは、

  1. これまでの会社の健康保険に退職後も加入する(健康保険の任意継続)
  2. 配偶者が社会保険として健康保険の加入者の場合、その被扶養者となる

ことです。

 

ということで、会社を退職したら健康保険は、

  • 国民健康保険に入る
  • 会社の健康保険を任意継続する
  • 健康保険の被扶養者になる

の3つのうち、いずれかを選ぶことになります。

 

任意継続と被扶養者

1の任意継続って難しい言葉ですが、「本人が希望するのだったら、これまで通り会社の健康保険を続けてもいいよ」という制度です。

今までと変わらずに入れるのだったらいいね、って思うところですが、ひとつ、落とし穴があります。

それは、これまで会社と折半していた保険料が、全額、自分で支払わなければならなくなる、ということ。

つまり、保険料がいきなり倍額になってしまうんです。

その額を見たら、ビックリすると思いますよ。

 

2の被扶養者になるには、配偶者が会社などに勤めている人で「社会保険としての健康保険」に入っていないとダメなんです。

さらに、もうひとつ、失業保険の受給額が多い人は、被扶養者にはなれないというルールもあります。

 

いずれも選ばなかったら?

さて、上で書いた選択肢を選ばずに、「どの健康保険にも入らない」としたらどうなるのでしょうか?

 

結論は・・・、別にどうもならないんですね(笑)。

 

日本には「国民皆保険制度」というものがあって、国内に住んでいる人は、何らかの健康保険に入っていなければならないとされています。

なので、任意継続か被扶養者になっていなければ、「国民健康保険」に加入していることになるので、「国民健康保険」の保険料の納付義務も発生しています。

でも、健康保険に加入手続きをしていないとか、保険料を支払っていないとしても、これと言った罰則はありません。

実際、世の中には、国民健康保険に入っていない人は、たくさんいるそうなので。

国民年金と同じですね。

 

ただ、身体の調子が悪くなって病院に行った時、診察料や薬代は全額、自分で支払わなければなりません。

ちょっとした風邪くらいだったらまだしも、大きな手術を受けるとなると、とんでもない金額になるのは、間違いなしです・・・。